Daydream goes on forever

器用貧乏の日々の手作りや、外しっぱなしの人生の笑えるトコロを紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

世界の切手(エジプトUAR編)

eRIMG01524.jpg
東京下町の夕暮れは、サンマの焼ける香りが似合います。
今年はサンマ、高いけどね



母の遺品の切手コレクションをときどき紹介させていただいてますが、今日はエジプトとUAR(United Arab Republic アラブ連合共和国)の切手です。

分類・整理・ファイリングの能力に大変秀でた母でしたが、なぜかエジプトとUARの切手がごっちゃにファイリングされてるんですよね。
てか、UARって…なんだろう
UAE(United Arab Emiratesアラブ首長国連邦)とは違うんだよ…ね。

で、ウィキペディアで調べてみたら、こういう事だった…。
UARは1958年から1961年まではエジプトとシリアの連合で、1971年までエジプトがUARを名乗っていた…。
そぉなんだぁ、うわ~これって地理とかで習ったのかなぁ。昔過ぎて覚えちゃいないし。
一つかしこくなりました。THANK YOUおっかさん。

おそらく世界の切手ファンの方々には常識なんですよね。うへへ、無知でごめんなさい。


母の分類ではこの4画像がエジプトの切手です。
e0041egyptUAR01.jpg

e0041egyptUAR02.jpg

e0042egyptUAR01.jpg

e0042egyptUAR02.jpg
落ち着いた色調と象徴的な絵柄です。


こちらの4画像がUARの切手です。
e0043egyptUAR01.jpg
通常切手なんでしょうか、アラベスク柄がホントに綺麗。
同じ切手も微妙な色違いを並べて楽しんでいたようです。

e0043egyptUAR02.jpg

e0044egyptUAR.jpg

e0045egyptUAR.jpg
左下のひまわり柄は、日本の昭和風味で懐かしい感じがします。


アラブ系の切手にはまだ『アラブ土侯国』という難問が控えております…。
ただいまネットで調べて勉強中DEATH。





【今日の一足】
山ガールにもおすすめ!


スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。