Daydream goes on forever

器用貧乏の日々の手作りや、外しっぱなしの人生の笑えるトコロを紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「THANK YOU Tシャツ」Vol.3

eRIMG01544.jpg
23日の夕方。
ただの交差点が夕日に染められて、ちょっとロマンチックな街角に変身。



アテクシ今、化粧品にかぶれて顔面が大変な事になっています。
普段使わないようなお高い化粧品のサンプルをもらったので、ウキウキで使ってみたけど合わなかったみたい…。
無添加でも自然派でも、かぶれる時はかぶれるぜ☆
うなじは汗疹で真っ赤だし、三十代最後の夏なのに女子度激落ちDEATHよっ。

さて、39歳のこの一年間「THANK YOU Tシャツ」を作って着る計画で、会う人ごとに苦笑いされる事にもすっかり慣れ、女子度もへったくれもない今日このごろ。
3号に参りましょうか。



e0003-39football-img.jpg
開き直ってどデカく『39』を配置。
「9」の穴に「THANK YOU」をあしらいました。
「THANK YOU」の部分は文字型に切ったシールを貼って生地の色を残します。
背中の文字は「39heart」で頑張って作ったステンシルを流用。



eRIMG0170.jpg
材料
Tシャツ(United Athle football Tshirt S)
A3クリアホルダーを切り離して1枚にしたもの
シールタイプのプリントアウト用紙
アクリル絵の具




eRIMG0161.jpg
胸の「39」部分の切り出し作業。
シールタイプのプリントアウト用紙に「THANK YOU」を印刷して切り出します。
「39」はA3クリアホルダーを切り離して1枚にしたものをくりぬきました。



eRIMG0178.jpg
胸の柄をTシャツにセット。
胸側の生地をスプレーのりをつけた板に固定して、作業中のズレを防ぎます。
「9」の穴の部分に「THANK YOU」のシールを貼付けます。



eRIMG0184.jpg
アクリル絵の具の白を用意。
今回は白に水を足して、少々緩めにしました。
染める道具としてウレタン素材を探したのですが、ホームセンターで「NRスポンジゴム」を発見。
肌理が細かく、絵の具を吸収しすぎず、弾力性があるので、今回目指している「しみ込みプリント」っぽい仕上がりには向いていると思います。



eRIMG0197.jpg
染め作業。
スポンジゴムに絵の具を少しずつつけて、上からトントンたたくように染め付けます。
今回は絵の具を緩めにしたので、たっぷりつけるとにじみの原因になるので注意。
「THANK YOU」の部分は細かいので、注意深く丁寧に染めます。



eRIMG0201.jpg
「39」の型をはがす。
お、イイ感じ!



eRIMG0202.jpg
「THANK YOU」のシールをはがす。
周りの絵の具をひっぱらないように慎重に作業します。



eRIMG0215.jpg
背中の文字を染める。
「THANK YOU」だけ黄色の絵の具です。



eRIMG0218.jpg
ステンシル型をはがす。
おぉぉ~、しみ込んでます!

絵の具が乾いたらプリント部分にアイロンをあて、定着させて完成☆



eRIMG0228.jpg

eRIMG0240.jpg
しみ込みプリントを意識し過ぎて、ちょっとプリント色がしずんじゃったかな。



eRIMG0208.jpg

eRIMG0206.jpg
ムラの具合もちょっと消化不良…。
でもまあ、ポイントの「9」の中の「THANK YOU」はカワイく仕上がったし、良しとしましょう。



eRIMG0247.jpg

eRIMG0251.jpg
着心地
Tシャツ自体がゆったりなのもあって、サラっとラフでいい感じ。
プリント部分は柔らかく仕上がっています。

洗濯
アクリル絵の具なので、裏返してネットに入れたら洗濯機でOKです。


今回は背中の柄は流用だし無難に仕上がりました。
苦笑いしてくれる友人たちに、新作のお披露目しなくっちゃ!




スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。