Daydream goes on forever

器用貧乏の日々の手作りや、外しっぱなしの人生の笑えるトコロを紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

冬眠してました Vol.3

例えばうっかり…

ウール100%のセーターを、
80℃位の熱いお湯で、
弱アルカリ性の洗剤をたっぷり使って、
ごぉーしごぉーし念入りともみ洗いし、
あまつさえギンギンに脱水してしまったとする…。

セーターは繊維が崩れて絡まって圧縮されて…笑っちゃうくらいちんちくりんに縮んでしまいます。

ウール素材の「フェルト化」です。

うっかりなら丸二日ほど不貞寝したくなりますが、わざとフェルトにするのは結構楽しく、手作り心をくすぐられます。


eRIMG02791.jpg
着なくなったセーターをフェルト化。見事にちんちくりん☆



マフラーを編んだ後の余った毛糸で、練習がてら小物を編みますが、ちょっとフェルト化して遊んでみました。



eRIMG1316.jpg
楕円形から立ち上げて、袋状に編みました。
生まれて初めて色替えもしてみました。



eRIMG1334.jpg
出来るだけ熱いお湯(理想は熱湯)に弱アルカリ性の洗剤を入れて、しつこくもみ洗いします。
布製の薄い手袋と厚手のゴム手袋を重ね履きすれば、80℃くらいまで耐えられます。
軽く濯いでギンギンに脱水します。

最初はただヨレヨレになるだけですが、これを数回繰り返すと、ある瞬間急にギュゥ~っと縮み始めます。
脱水後、いい具合に縮んだなと思ったら、形を整え乾燥させます。

縮み具合は、素材や編み方によってまちまちですから、一期一会を楽しみましょう。



eRIMG1323.jpg
行程を3回繰り返した結果。縮んだね~
左右17cm→15cm、約88%になりました。
繊維がギュっと詰って厚みが増し、しっかりした生地になりました。



eRIMG1328.jpg
見事フェルトに変身☆



他にも…

eRIMG1493.jpg
小さな巾着やコースターも、さらにほのぼのとした風合いに…



eRIMG1501.jpg
編み目が少し残ってるくらいで止めてもイイ雰囲気です。
お餅の「はんごろし」風。



さてコレは何になるのでしょう…

eRIMG1396.jpg
穴の開いたニット帽ではありませんょ。



eRIMG1405.jpg
もみ洗いの度合いや回数で、ある程度はサイズ調節が出来るので、希望のサイズに近づけます。
乾かす前に型に押し当てて成型する事も出来ます。
コレは直径約10cmのビンにギュ~っと被せて形を整え、このまま乾かしました。



eRIMG1488.jpg
ジャ~ン☆
卓上用ロールペーパーカバーで~す
なかなかの出来




しかし…
ウール100%の毛糸でも、全く縮まない物もあるんです。

eRIMG1512.jpg
9回熱湯もみ洗いを繰り返すも、ただヨレヨレになるばかり…。
防縮とか毛玉防止加工とかされてんのかなぁ、そんな記載はないんだけどね。
イヤ、これほどのタブーに打ち勝つんだから、本来の「毛糸」としては凄く優秀なんだと思います。

フェルト化したい時は、小さな物で縮み具合を試すと安全かと思います、ハイ




おまけ

eRIMG1345.jpg
熱湯もみ洗いの時、手袋装着前にハンドクリームをたっぷり塗っておくと、スチームパックのような効果で、もっちり手肌になっちゃうぞっ
おためしあれ~♪







【オススメ】
コチラは羊毛フェルトですけど
まねしてみたい物がイッパイです。




スポンサーサイト

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。