Daydream goes on forever

器用貧乏の日々の手作りや、外しっぱなしの人生の笑えるトコロを紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クリスマスにTシャツを贈ろう

eRIMG0524.jpg
冬が来ました。
朝の公園で葉っぱが輝いて、一瞬寒さを忘れました。




もうすぐクリスマスですね~
大好きな人たちへのプレゼントの用意は大丈夫ですか?
もしまだいいアイデアが浮かんでなくてアワアワしているなら、Tシャツをプレゼントするのはいかがでしょうか?

ってなことで、今日は
「まだ間に合う!冬だけどTシャツを贈ろう!
  
だって、セーターの下にはTシャツ着るでしょ~☆計画」です。


まずお勧めしたいのは…

「利きTシャツセット」

色んなブランドの白い無地Tシャツの詰め合わせです。
あらかじめ、あげる人の服のサイズをリサーチしておきましょう。

白い無地のTシャツは、お洒落の超定番アイテムです!基本中の基本です!!
無地Tシャツのブランドもいろいろあって、各社シンプルな中にも個性とこだわりがあります。
実際に各ブランドのTシャツを着比べて、自分に合うテイストを見つけよう☆というテーマ性のあるプレゼントです!
正直「この人には何を贈ったら喜んでくれるのかよくわからんょ」って場合でも、応用力のある定番アイテムの白Tシャツなら、まぁ迷惑にはならないでしょう…


アテクシがぁ~素敵なマッチョ男性にプレゼント(妄想)するならぁ~♪

eewhtT.jpg

◎anvil 6.1ozヘビーウェイト無地Tシャツ
anvilは世界シェアNo.1のど定番Tシャツです。日本のカジュアルブランドでもanvilのTシャツを使用しているところが多い様に思います。程よいヘビーウェイトの6.1oz。

◎GILDAN 6.1ozウルトラコットン無地Tシャツ
低価格だけど文句なしのしっかり6.1ozTシャツ。アメリカのシェアNo.1。

◎GLIMMER 7.0ozスーパーヘビーウェイト無地Tシャツ

アテクシ一押しのスーパーヘビーウェイト☆洗濯での型崩れなんて全く無し!着込む程に生地が熟れてしなやかになってくるので経年変化すら楽しめる、長~く愛せるTシャツです。着丈短めなスペックも魅力です。

◎Printstar 5.6ozヘビーウェイトTシャツ

日本シェアNo.1のシンプルなTシャツです。5.6ozの生地はしっかり感としなやかさが絶妙です。

◎Touch AND Go 6.5ozヘビーウェイトTシャツ
しっかり厚手の6.5ozですが意外と軽い着心地です。お値段が手頃でサイズ展開が豊富。着丈短めでボトムアウトした時にだらしなくならないので、アテクシのお気に入りブランドの一つ。


アテクシはいつも無地Tシャツを問屋街というネット通販で購入してます。
こちらでは白の無地Tシャツが100円代(高い物でも5~600円代)から購入できるので、5ブランド並べたってラッッピングに凝ったって、お財布に優しいぜ



白Tシャツじゃちょっと味気ない…華がない…お相手は好みの色がはっきりしている…なんて場合は、各ブランドのカラーTシャツで応用を利かせてみましょう。


eeredT.jpg
赤、サックス、杢グレー、黒などの定番色を各ブランドでチョイス。ブランドごとの微妙な染め色の違いを楽しんでもらいましょう。


eegryT.jpg
グレートーンのTシャツをグラデーションにしてもカッコイイですょ。


eeorgT.jpg
ブランドは限られますが、無漂白のオーガニックコットンTシャツを並べるのも、今風で素敵です。



シンプルな無地Tシャツだけど、ど定番の良さで勝負してみましょう!







【今日の一足】
パーティーシーズン
ですもの☆



スポンサーサイト

PageTop

Tシャツ用語講座・生地編

eRIMG0003.jpg
下町名物、ノラ猫。
コイツなかなかの面構えだけど、鳴き声は甘えた高い声で、ギャップにキュンとしちまいました



Tシャツを買う時、色々と目にする「用語」。

なんとなく知ってるつもりでいたんですが、最近は専門用語や新素材が商品名にあふれていて、何がなんだかわからなくなってきました。
「フライスTシャツってリブTシャツとどう違うんだ?」とか
「サーマルTシャツ買ったけどコレはワッフルTシャツじゃないの?」とか…。

一度アテクシなりに整理しておこうかと思い、今日は、
「ど素人さん集合!覚えておいて損はない!!
   Tシャツ用語講座・生地編」
です。
ま、ようは自分のための覚え書きなんですけどね。
書き留めておかないと、すぐ忘れちゃうんだもんっ、最近…

なお、インターネットや本から得た知識を私なりにまとめたものなので、間違い・勘違いがありましたらガンガン指摘いただけるとありがたいです。
随時、素直に訂正します☆


メリヤス(スペイン語)medias(ポルトガル語)meias
ジャージ(英語)jersey
ニット(英語)knit
これ、3つとも「縦横に伸縮性がある編み地」で、ほぼ同意語として使われています、が…、
そもそも「縦横に伸縮性がある編み方→メリヤス編み(=平編み)」が輸入され、日本で使われだした頃は下着としての用途が中心だった。
その後、化学繊維で強度が優れた「縦横に伸縮性がある編み地→ジャージ」がスポーツウェアを中心に広まる。
で、編み物(編み地)全般を指す「ニット」と言う英単語が定着した…。

という経緯から、現在日本では「下着用編み地→メリヤス」「アウター、スポーツウェア用編み地→ジャージ」「編み物全般→ニット」という使い方なんだとか。
かといって、はっきりした定義があるわけじゃないようですね。
最近で言うところの、「スパッツ・レギンス・レッグウェア」みたいなモンか…違うか☆
Tシャツってそもそも肌着(下着)だったわけだし、メリヤスでもジャージでも、もちろんニットでもいいんだねぇ。


天竺
Tシャツの素材で最も一般的な平編みの生地の通称。天竺ニット。木綿のニット。
そのむかし、天竺(現在のインド辺り)から輸入した木綿の生地を「天竺」と呼んでいたとか。
eRIMG0046.jpg表  eRIMG0048.jpg


リブ
表目裏目が交互に並び(そのため裏表が無い)織目が畦のように見える、横の伸びに特化した織り地。畦が肋骨(スペアリブとかのリブね)っぽく見えることから名前がついたそうな。
リブ編み=ゴム編み。Tシャツの襟、トレーナーの袖口や裾などでお馴染み。
eRIMG0060.jpg伸びます  eRIMG0055.jpg変則リブ編み
フライス
リブ編みを「フライス機」という丸編み(筒状の編み地)の機械で編んだ物がフライスと言われるんだって。
丸編みであることが条件なのね。ってことは、フライスTシャツには脇の縫い目が無いんだね。
フィット感が抜群。


スムース
リブ編みを2つ組み合わせた両面編みの編み地で、表も裏もスベスベして光沢がある。
平編みより生地がしっかりしていて型くずれしにくい。
eRIMG0042.jpgコレたぶんスムース  eRIMG0044.jpg裏もキレイ


鹿の子
よくポロシャツで使われてる鹿の子柄のような凹凸感のある生地で、通気性に優れている。鹿の子ニット。
平編みより横の伸びが少ない。
eRIMG0039.jpg鹿の子ニット  ekanoko.jpgちなみに鹿の子柄


ワッフル
食べ物のワッフルのような凹凸感のある編み地で、吸湿性・保温性に優れている。ワッフル編み、ワッフル生地。
eRIMG0081.jpg
サーマル 
もともとは保温機能のこと。
例:ワッフル生地を使った、サーマルTシャツ。


スエット
スエットが汗という意味で「汗を吸う厚手生地」の総称。
あら、汗っかき用生地なのねっ。ヨロシクどーぞ☆
裏毛
スエットの中でも裏糸をタオルのようなループ状に編んで浮かせ起毛させた生地。
生地に厚みがあり、保温性も高い。
eRIMG0069.jpg裏毛表  eRIMG0074.jpg裏毛裏
ミニ裏毛
裏毛より薄手で裏のループが細く小さい。
「裏毛」と「ミニ裏毛」の境界線は…今ひとつわからず…。雰囲気で捉えておこうかな。
eRIMG0066.jpgミニ裏毛表  eRIMG0067_20100919031435.jpgミニ裏毛裏


裏起毛
生地の繊維を裏にかき出して毛を立たせる加工法の一つで、保温性が高い。秋冬用の防寒生地。
eRIMG0076.jpg表  eRIMG0077_20100919031433.jpg裏の起毛


ボンディング
二枚の生地をボンド(ナニガシかの接着剤)で貼り合わせる技法。ボンディング生地、接結ニット。リバーシブルに使う事もできる。
ダンボールニット
二枚の生地を糸で(ダンボールのように)編み合わせた生地。ボンディングより軽くやわらかいが、保温性は高い。


今日は、とりあえずこんなところで…。
調べだしたら色んな解釈があるみたいで、思いっきり迷子になりました

でもね、いざってときは、ユニクロで有名な「株式会社ファーストリテイリング」のサイトの用語集がビックリするくらい充実しているので、そちらも(いや、是非そちらの方を)ご覧になってみて下さい。






【今日の一足】
…まいったな、今すぐにでも
この靴買ってしまいそう





PageTop

汗ジミに負けない服選び講座

eRIMG0096.jpg
荒川に沈む夕日。キラキラ眩しい
【追記】コレ荒川じゃなくて隅田川でした。スイマセン


皆さん、いい汗かいてますか?
汗っかきなのにカレーばっか食って、カプサイシン効果で更に汗が止まらない…
悪循環な三十代最後の残暑です。

「汗っかき」は最近では「代謝がいい」とか「デトックスできる体質」って褒め言葉をいただけるようになり、多少の市民権を得た模様。
でも現実問題「フワ揺れワンピに脇汗ジミ」とか「サテンのブラウスが背中に張り付く」とか、女子としては許されねーっつうの!

まだまだ残暑が厳しそうなので、今回は
「モーレツ汗っかき必見!まだ間に合う!!
   汗ジミに負けない服選び講座」
です。
汗をかかないのは無理なので、いかに汗ジミを目立たせないかに情熱を注いだ夏の服選びをどうぞ。


まず、柄物は強い味方です。
大胆でカラフルな方が目眩まし効果抜群です。


earigataiT02-11.jpg
紫外線よけとしても重宝する長袖シャツは、迷わずチェックを選びましょう。
バラエティーなどで、ちょっと太めの芸人さんが揃ってチェックのシャツを着てるのは、汗ジミを目立たせないためだと勝手に思い込んでます、ハイ。
アテクシは汗っかきの上にすぐ汗疹になるので、肌に優しいガーゼ素材のシャツがお気に入りです。



earigataiT02-2.jpg
流行のフワ揺れ花柄ワンピは大きな柄がオススメ。薄い生地の場合、暑くてもインナーを着れば汗で背中に張り付く事はありません。

モノトーン系のオプティカルプリントのジャージワンピなら着やせ効果も期待できます。

どうしても無地が着たい時は、白い麻をおすすめします。汗で濡れても変色せず、透けにくいです。
黒は濡れて変色は少ないですが、ヤバイぐらいの大汗だと乾いた時に汗の塩分が白く現れたりしてリスキーです。




当然Tシャツにも柄物効果が有効です。

earigataiT01-1.jpg
白黒ボーダーTは、細すぎず太すぎずの15~20mm幅くらいの縞が理想的です。最も目眩まし効果が発揮されます。



earigataiT01-2.jpg
カラフル細ボーダーTはさわやかな配色を選べば、夏らしさを演出できますね。



earigataiT01-3.jpg
カラフルな柄物にはないシックな着こなしが可能で実用的なのがムラ染めTです。もともとムラになった所に「多少の汗ジミが現れてもわかりゃしない」という有り難さです。
グレーのTシャツは、汗かき界では最も敵視されるアイテムの一つですが、グレートーンのムラ染めなら、脇・胸・背中…油断してると腰まで変色するアノ恐怖ともおサラバです。



earigataiT01-4.jpg
カラフルタイダイTは、夏の無敵戦士と呼べるアイテムです。汗ジミどころか食べこぼしすらわかりません。清潔感と清涼感のある色選びで、さわやかなLove&Peaceを演出しましょう。

無地Tシャツを着る時は、2枚重ね着するとダイレクトな汗ジミを回避できます。


夏のバーゲンすら終わっちゃってますけど…、来年の夏物を買う時の参考にしていただけたら嬉しいです(だから来春まで覚えててね☆)。






【今日の1足】。
赤いパンプス、秋になったら履きたいよね☆

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。