Daydream goes on forever

器用貧乏の日々の手作りや、外しっぱなしの人生の笑えるトコロを紹介していきたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

「THANK YOU Tシャツ」Vol.5

eRIMG08502.jpg
夕日の輝きってホントにあっという間に消えてしまう。
だからまた眺めに行きたくなるのかな




身近な人々への感謝の気持ちを込めて、39歳のこの一年間「THANK YOU Tシャツ」を作って着る企画の5回目、久々に新作です☆

e39swallows_img.jpg
今回は「プリント耐久レース」で実績と信頼を証明した「きりえプリント」と、布用水性絵の具「セタカラー」を使います。
柄には大好きなツバメちゃん
Tattoo風の絵柄ですが、ハードになりすぎないよう、落ち着いた色調でまとめました。



eRIMG0775.jpg
材料
Tシャツ(5~6年前ユニクロで買った麻素材)
きりえプリント(茶色)
セタカラー(ベルベットブラウン)

今回使うTシャツはもともとワインレッドだったのですが、着ているうちに白っぽく毛羽立って来て貧乏臭くなってしまったので、DYLONカラーランリムーバー で脱色したものです。
dasshok.jpg
ステッチの糸だけ元の色が残り、生地は思いの外キレイなイエロー系ベージュになりました。



eRIMG0072.jpg
まずは「きりえプリント」をデザイン通り丁寧に切り抜きます。
地道な作業を黙々と頑張ります



eRIMG0075.jpg
背中の文字は「セタカラー」で手描きしますが…
文字の大きさやバランスがおかしくならないよう、デザインをプリントアウトした紙の文字部分をざっくり切り取って、定規として使う事にしました。



eRIMG0083.jpg
集中して文字を書きます。
手が少々汚れてようが、マニキュアがはがれてようが、おかまいなしに集中しますょ
「セタカラー」はアクリル絵の具よりもなめらかで、「布描きえのぐ」よりも発色力、定着力がしっかりした感じです。
専用のライトニングメジウムで少し薄めて使いました。



eRIMG0096_20101113004355.jpg
文字を書き終えたら自然乾燥後アイロンで絵の具を定着させます。
「きりえプリント」を切り抜いたクローバー柄もアイロンプリントします。
最後の行の「TOUCH」の「O」を書くとき手を滑らせてグチャっとしてしまった事はこの際秘密にしておこう



eRIMG0097_20101113004437.jpg
袖部分のツバメちゃんを転写中。
キレイにプリントで来てます☆



eRIMG0126.jpg
eRIMG0124.jpg
完成☆シックです
手描き文字もガチャガチャし過ぎず、うまくまとまってくれました。



eRIMG0098.jpg
ところどころカスレていますが、雰囲気は悪くないです。



eRIMG0117_20101113004437.jpg
着心地。
バッチリ~
パチっと綺麗に発色していますが、生地の伸縮性を妨げません。
袖のツバメちゃん、写真がエラい跳びまくりですが、可愛く羽ばたいてます。



洗濯
「きりえプリント」は洗濯の度に退色しますが、生地に馴染んでシルクスクリーンのしみ込みプリントのような風合いになってきます。
セタカラーもひび割れや滲みも無く、裏返してネットに入れたら洗濯機でOKです。



アテクシ的にはかなりのお気に入りTシャツとなりましたょ
この秋は、このTシャツにザックリニットのカーディガンでキメるぜ。







【今日の一足】
革の質感、フォルム、色…
ヤバイ、パーフェクトだよ…







スポンサーサイト

PageTop

「THANK YOU Tシャツ」Vol.4

ekame01.jpg
上野不忍池では、巨大ミドリガメがのんきに甲羅干しです


汗ジミ問題をエントリーして以来、文末の広告に「制汗・臭い対処関係」が出てくるようになった…
そーですね、根本の問題はそこですね
出来る限りのケアしてますっ!いつも石鹸の香りがするように頑張ってますっ!!


さて、身近な人々への感謝の気持ちを込めて、39歳のこの一年間「THANK YOU Tシャツ」を作って着る企画、今回でVol.4となりました。(Vol.1 Vol.2 Vol.3 ←こちらもどうぞ)

当たり前の顔して「39」ゼッケンTシャツを着るアテクシに、苦笑いだった周りの皆さんも、「新作まだなのぉ~」と応援してくれ始めた様子です☆

おーし!今回もがんばっちゃうぞー


ee0006-39-img.jpg
そろそろ秋なので、ジャケットインでさらっと着られる総柄に挑戦です。
さらっとって…全面「THANK YOU・39」でしつこく埋め尽くしてますけどね
2色のスタンプインクで渋めに仕上げようと思います。



eRIMG0100.jpg
材料
Tシャツ(無印良品で2年くらい前に買ったレディースMサイズ)
布用インクパッド(バーサクラフトそらまめ・てふてふ)
はんこ用消しゴム
「EZスタンプ 匠」の消耗品



eRIMG0097.jpg
まずははんこ作り。
消しゴムはんこに挑戦です!…と言っても手描き風タッチの難易度の低い物だけ自分で彫りました。
細かい柄、難易度高過ぎで手が出せない柄は「EZスタンプ 匠」で作りました。
ブログを始めるにあたって勉強がてらかなりの「趣味、手作り」系のブログを拝見していますが、消しゴムはんこの達人の方々、マジで凄いよね!
プロかょ!神かょ!って方々がいっぱいいらっしゃいます。
まぁそこまで技術無くても、はんこ遊びがしたいなぁって方には「EZスタンプ 匠」はおすすめですよ。そこそこのブランドTシャツ2枚分の金額で買えちゃうから。




eRIMG0111.jpg
はんこを押して柄を作って行く。
ムラ、カスレだらけですが、程々いいアジが出てきました。
「バーサクラフトそらまめ・てふてふ」の「芥子(からし)」をメインに使いましたが、総柄を仕上げるのにこの小さなインクパッドを丁度使い切るくらいでした。



eRIMG0116.jpg
芥子色で染め終わったところ。
ワァオ~☆渋い
いつものバカっぽさが無いぞ!いいのか…ちょっとカッコいいぞ…



eRIMG0118.jpg
「バーサクラフトそらまめ・てふてふ」の「煤竹(すすたけ)」でアクセントとなる「39」を押して、インクが乾いたら仕上げのアイロンをあてます。



eRIMG0133.jpg
完成☆
…イカすっ。
煤竹色(焦げ茶色)の「39」が程よく主張して、ナカナカの出来上がり。



eRIMG0145.jpg
背中は大きな「39」とメッセージでシックにまとめました。
メッセージ、カスレまくりだけど…。



eRIMG0135.jpg
あはは…予想以上の仕上がり。



eRIMG0148.jpg
着心地
生地が薄く、体にフィットするタイプのTシャツですが、伸縮性に影響はありません。
ゴワゴワ感もありません。

洗濯
プリント素材耐久レース11・12」でも実証済み、裏返してネットに入れたら洗濯機でOKです。



eRIMG0123.jpg
今回活躍したはんこの皆さん、THANK YOUだぜ☆


秋らしいTシャツが出来たので、気温の方ももうチョット落ち着いていただきたいですな






【今日の一足】
こういうシックなピンクの靴って
探してもあんまりないんだよね。
渋めのTシャツにも合いそう☆






PageTop

「THANK YOU Tシャツ」Vol.3

eRIMG01544.jpg
23日の夕方。
ただの交差点が夕日に染められて、ちょっとロマンチックな街角に変身。



アテクシ今、化粧品にかぶれて顔面が大変な事になっています。
普段使わないようなお高い化粧品のサンプルをもらったので、ウキウキで使ってみたけど合わなかったみたい…。
無添加でも自然派でも、かぶれる時はかぶれるぜ☆
うなじは汗疹で真っ赤だし、三十代最後の夏なのに女子度激落ちDEATHよっ。

さて、39歳のこの一年間「THANK YOU Tシャツ」を作って着る計画で、会う人ごとに苦笑いされる事にもすっかり慣れ、女子度もへったくれもない今日このごろ。
3号に参りましょうか。



e0003-39football-img.jpg
開き直ってどデカく『39』を配置。
「9」の穴に「THANK YOU」をあしらいました。
「THANK YOU」の部分は文字型に切ったシールを貼って生地の色を残します。
背中の文字は「39heart」で頑張って作ったステンシルを流用。



eRIMG0170.jpg
材料
Tシャツ(United Athle football Tshirt S)
A3クリアホルダーを切り離して1枚にしたもの
シールタイプのプリントアウト用紙
アクリル絵の具




eRIMG0161.jpg
胸の「39」部分の切り出し作業。
シールタイプのプリントアウト用紙に「THANK YOU」を印刷して切り出します。
「39」はA3クリアホルダーを切り離して1枚にしたものをくりぬきました。



eRIMG0178.jpg
胸の柄をTシャツにセット。
胸側の生地をスプレーのりをつけた板に固定して、作業中のズレを防ぎます。
「9」の穴の部分に「THANK YOU」のシールを貼付けます。



eRIMG0184.jpg
アクリル絵の具の白を用意。
今回は白に水を足して、少々緩めにしました。
染める道具としてウレタン素材を探したのですが、ホームセンターで「NRスポンジゴム」を発見。
肌理が細かく、絵の具を吸収しすぎず、弾力性があるので、今回目指している「しみ込みプリント」っぽい仕上がりには向いていると思います。



eRIMG0197.jpg
染め作業。
スポンジゴムに絵の具を少しずつつけて、上からトントンたたくように染め付けます。
今回は絵の具を緩めにしたので、たっぷりつけるとにじみの原因になるので注意。
「THANK YOU」の部分は細かいので、注意深く丁寧に染めます。



eRIMG0201.jpg
「39」の型をはがす。
お、イイ感じ!



eRIMG0202.jpg
「THANK YOU」のシールをはがす。
周りの絵の具をひっぱらないように慎重に作業します。



eRIMG0215.jpg
背中の文字を染める。
「THANK YOU」だけ黄色の絵の具です。



eRIMG0218.jpg
ステンシル型をはがす。
おぉぉ~、しみ込んでます!

絵の具が乾いたらプリント部分にアイロンをあて、定着させて完成☆



eRIMG0228.jpg

eRIMG0240.jpg
しみ込みプリントを意識し過ぎて、ちょっとプリント色がしずんじゃったかな。



eRIMG0208.jpg

eRIMG0206.jpg
ムラの具合もちょっと消化不良…。
でもまあ、ポイントの「9」の中の「THANK YOU」はカワイく仕上がったし、良しとしましょう。



eRIMG0247.jpg

eRIMG0251.jpg
着心地
Tシャツ自体がゆったりなのもあって、サラっとラフでいい感じ。
プリント部分は柔らかく仕上がっています。

洗濯
アクリル絵の具なので、裏返してネットに入れたら洗濯機でOKです。


今回は背中の柄は流用だし無難に仕上がりました。
苦笑いしてくれる友人たちに、新作のお披露目しなくっちゃ!




PageTop

「THANK YOU Tシャツ」Vol.2

eyuusore.jpg
台風の影響か、11日の東京下町の夕焼けは結構ドラマチックでした。



さて、身近な人々への感謝の気持ちを込めて、39歳のこの一年間「THANK YOU Tシャツ」を作って着る計画、1号が大成功したので、調子に乗って2号を制作☆

e39-003-img.jpg
「39」も大きめに配置しちゃった。
今回使用する「熱圧着フェルト・ピッタ」はカラーバリエーションが豊富です。
どんな配色にしようかウキウキしながら吟味したはずなのに、エラく地味な感じに落ち着きました。
Gパンにもチノパンにも合わせやすいぜ、きっと☆



e39-003-01.jpg
材料
Tシャツ(Touch And Go Jr L)
熱圧着フェルト(ポリエステル100%だと洗濯しても縮みにくい)



e39-003-03.jpg
フェルトに文字の形を書き写して、はさみで淡々と切り出し。
150mm×150mmのシートで、白3枚、ブルーグレー3枚、グレー1枚、使いました。
普通のフェルトより薄いし、片面にはノリが塗ってあってパリッとしているので案外切りやすいです。
が…、さすがにこの量だと指がバカになりました。



e39-003-05.jpg

e39-003-08.jpg
文字を並べて、アイロンで貼付け。
並べる時点でスペルとか間違えないように、原寸大の型紙を見ながら慎重に作業します。
キレイに並べたら、まずは上から押さえるようにそうっとアイロン(高温)をあてます。
全体が軽く固定できたら、体重をかけてアイロンで思いっきり押さえつけます。
「熱圧着」って言うくらいだからね。



e39-003-12.jpg

e39-003-14.jpg
完成☆



e39-003-16.jpg

e39-003-18.jpg
結構しっかり張り付いたし、フェルトの質感と配色が雰囲気イイョ。



e39-003-10.jpg
でもねぇ、仕上げのアイロンで情熱的に体重をかけすぎて、フェルトにアイロンの型が残っちゃった…。
このスジ洗濯で取れたらいいけど、スチームあてても取れないんだよね~。



着心地
かなりの面積をフェルトで埋め尽くしたせいなのか…、窮屈…ガビ~ン。
Touch And GoのJr Lサイズは普段から無地Tシャツとして愛用しているんだけど、フェルトの糊がストレッチの邪魔をして、ワンサイズ小さい印象です。
e39-003-21.jpg

e39-003-22.jpg
窮屈感が否めない…、あぁ、がっかり。

緊急ダイエット決行だな…チキショウ。


洗濯検証
フェルトは摩擦に弱いので、押し洗いをお勧めします。
中性洗剤使用、手洗いで問題ないです。
洗濯機では怖くて洗ってません…。
フェルトに付いたアイロンの型は、洗濯2回目ではまだ少し残っています…エ~ン。


反省点
◎広範囲に熱圧着フェルトを配置する場合は、Tシャツのストレッチ感が損なわれるので、ワンサイズ大きいTシャツを使用すべし。
◎「熱圧着」だからといって、仕上げのアイロンで情熱的に体重をかけすぎない。


早くも反省の嵐…トホホォ~☆
でもさ、ドシロートの手作りはやってみなくちゃわかんないじゃん!

ダイエットの決意も出来たし…



PageTop

「THANK YOU Tシャツ」Vol.1

ehimawari.jpg
毎日暑いですね
夏、真っ盛りです。


アテクシ先日、39歳になりました…。
そうです、三十代最後の一年が始まっちまいました。

よくここまで無事に生きてきたな~とか、
後悔は山ほどあるけど、それなりに楽しい年月だったな~とか、
40歳を目前に、こんなに子供っぽいなんて、残念な中年だな~とか、
しみじみ考えちゃう今日この頃です。

私はすごく友達に恵まれているし、身体もまぁ健康、贅沢は無理だけど衣食住と趣味をまかなうくらいの生活は出来ている…。
シアワセ者だと思います。

独身、彼氏ナシだけど……。
シ…シアワセ者だと…思い…ます…。

これまで私の「馬鹿」や「わがまま」を許し続けてくれた身近な人々への感謝の気持ちを込めて、39歳のこの一年間「THANK YOU Tシャツ」を作って着ることにしました。
面と向かって「今までどうもありがとう、これからもよろしくね」ってなかなか言えないダメな中年だからさ、いい機会じゃん。

あ、もちろん『39→サン・キュウ→THANK YOU』ってドギツいダジャレですョ。

39歳面してゼッケン『39』を着たアテクシを見て、プッと笑ってもらえたら幸いです。



では早速、先月作ったTHANK YOU Tシャツ1号制作行程です。

e39-002-img.jpg
まずはどんなデザインにするか検討。
以前からシンプルだけどかわいいなぁと思っていた「Hostess Cupcakes」の看板のデザインを参考に作ってみました。

デザインに使おうと、メッセージを考えました。

今日まで優しくしてくれた皆さん、
黙って許してくれた皆さん、
一緒に笑ってくれた皆さん、
本当にどうもありがとう。
そしてこれからもよろしくお願いします。


このこっぱずかしい文章を、英語の上手な知人に訳していただきました。THANK YOU!

To whom being kind to me,
having fun with me,
and forgave me,
I'd like to thank you all and please keep touch too.


英文にするとなんか格好ついて見えるから不思議☆

このデザインには、10年着古してヨレヨレの無地RedTシャツを使用するので、プリントも古着っぽく仕上げたい。


材料
Tシャツ(United Sports Kids L 10年物)
ステンシルシート
A3クリアホルダーを切り離して1枚にしたもの
シールタイプのプリントアウト用紙
アクリル絵の具



e39-002-03.jpg
文字の切り出し作業。
背中の文字のステンシルは、地道に丁寧にコツコツ進めるのみ…ハァァ。
ステンシルシートは結構薄くて切り出しやすいんだけど、定規の角で引っ掛けたりして裂いてしまいそうでドキドキします。


e39-002-04.jpg
文字の切り出し完成。
うれしくて、つい記念撮影☆
テレビをチラ見しながら作業して、4時間程かかりました。


e39-002-05.jpg
胸のハート柄をTシャツにセット。
胸側の生地をスプレーのりをつけた板に軽く固定して、作業中のズレを防ぎます。
ハート型は切り抜く部分が大きいので、厚みのあるクリアホルダーを使用。
白く見えている文字は、シールタイプのプリントアウト用紙に印刷した文字を切り出して、貼付けてあります。
筆記体の「thirty」がヘナヘナしてなかなかうまく貼れないョ。


e39-002-07.jpg
アクリル絵の具を用意。
白と黒とマスタードを混ぜてアイボリーを作る。
少しだけ水も混ぜて、ケチャップくらいの濃さにしました。


e39-002-10.jpg
染め作業。
ボロ布に絵の具をつけて、上からトントンたたくように染め付けます、が…、ヤバイ、すっごくムラになるっ!
このムラ具合を全体にうま~く散らして、馴染ませて…、カスレプリント風を目指してみる!!


e39-002-11.jpg
ハートの型をはがす。
おぉ、クッキリきれいなハートになってるぞ。


e39-002-12.jpg
絵の具が乾ききらないうちに、そ~っと文字シールをはがす。
あぁ、スゴ~イ、筆記体の部分もキレイに地の色が残ってる☆
すっごく気持ちのいい作業だわ~。


背中の文字も同様に染める。
…作業に夢中で写真とるの忘れちゃったょ、ゴメンナサイ。
ハートの柄より染める面積が小さいので、綿棒の先にボロ布を巻き付けたものに絵の具をつけてチマチマ染めました。

絵の具が乾いたら、染めた部分に当て布をしてアイロンをかけます。
こうするとアクリル絵の具が完全に乾いて、洗濯してもほとんど色落ちしません。


e39-002-13.jpg
e39-002-14.jpg
完成☆
染め作業を始めた時点ではどうなる事かと思ったけど、絵の具のムラ具合が着古したTシャツの生地に馴染んでいて、かなりイイ雰囲気。


e39-002-15.jpg
いいムラ具合☆


e39-002-22.jpg
文字型に切ったシールを貼った部分は、キレイに地の色が残ってます。



e39-002-17.jpg

e39-002-19.jpg
滲んだりはみ出したりしてるけど、悪くないぜ。

あは~ん(´Д` )大成功!



eSA390047.jpg
着心地
どんなに体を動かしても、な~んにも問題ないです。うひょ☆
カスレプリント風に仕上げてあるので、汗をかいても程々に蒸発します。
真夏の東京ドームシティでボーリングして、ジェットコースターに乗ってドロ汗かいても問題無し


洗濯検証
念のため中性洗剤で手洗いしていますが、全く問題ないです。

【追記】裏返してネットに入れれば、洗濯機でも全くOKです☆



三十代最後の夏…。
「THANK YOU Tシャツ」着て駆け抜けるぜ



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。